Program of YoshidaHospitalPsychiatry

1.研修目標(GIO: General Insructional Objectives)

①自己成長する臨床精神科医としてのアイデンティティを確立する。
②一般精神科臨床における総合的臨床能力を獲得する。
③民主的集団医療のチームリーダーとして機能するために必要な能力を獲得する。
④地域精神保健活動に必要な能力を獲得する。
⑤精神保健指定医および精神神経学会専門医取得を目指す。

2.到達目標

①1年目終了までの到達目標
 →入院患者の診療ができる
 a.別項に記すクルズスを受け、研修初期に必要な基本的知識を身につける。
 b.統合失調症など、主要な入院精神障害例を担当し、主治医として診療する。
 c.外来予診および入院初期の面接で現病歴や既往歴、家族歴等を聴取し、カルテに記載する。
 d.症候を自ら把握し、精神医学用語を使ってカルテに記載し身体的検査を行う。
 e.従来診断(伝統的診断)のみでなく操作的診断も使用して診断する。
 f.主治医として担当患者と定期的に面接し、患者および家族と治療関係を築く。
 g.主要な向精神薬について学習し担当した入院患者に対して薬物療法を行う。
 h.修正型電気けいれん療法について学習し適応を判断して自ら実施する。
 i.病棟カンファレンスにおいて各職種の意見をまとめ方針を策定する。
 j.入院患者を退院させ外来通院に定着させる。
 k.精神保健福祉法およびその他関連法令について学習し、入院治療に必要な法的手続を実施する。
②2年目終了までの到達目標
 →外来患者の診療とリハビリテーションの指示ができる
 a.神経症性障害や人格障害など,主要な外来精神障害例を担当し、主治医として診療する。
 b.外来患者から現病歴など必要な情報を聴取し症候を評価した上で診断しカルテに記載する。
 c.個人病理を取り巻く諸関係をも把握して力動精神医学的に診断しカルテに記載する。
 d.入退院や休養復職の判断などを自ら行い治療計画を立てる。
 e.外来患者の主治医として薬物療法と支持的精神療法リハビリテーションを行う。
 f.主要な心理検査を学習し検査を指示してその結果を利用する。
 g.患者のケースワークの依頼を行ったり障害者手帳や障害年金などの診断書を作成する。
 h.コンサルテーション精神医学を学習して一般科からの依頼に対応する。
③3年目終了までの到達目標
 →臨床精神科医として広範な知識を学習し、治療チームを運営する
 a.精神保健指定医取得のために必要な症例の全てを主治医として担当し

これらについてレポートを作成する。
 b.精神分析療法や行動療法認知行動療法集団精神療法家族療法などの精神療法を学習し
   診療に活かす。
 c.病棟医などとして治療チームのリーダーとなり治療スタッフの学習会で講師を務める。
 d.学校精神保健,労働精神保健地域精神保健等の活動について学習し外部で講師活動をする。
 e.地域精神保健・医療における各機関の機能と現状を学習しこれらと連携をとる。
 f.自県連の精神科医療構想について考察しこれの策定に関与する。

3.研修の期間

  精神科後期研修は原則として毎年4月1日から開始する。
  精神科後期研修は原則として3年間とする。
  但し、精神保健指定医の取得については精神科基礎研修を含め5年以上とする。    
  精神神経学会専門医取得については精神科基礎研修3年以上とする。
  個々の研修医における研修期間については適宜精神科研修委員会にて
  研修到達を評価し、決定する。

4.研修の例(後期研修1年目の週間スケジュール)


土 
午前 緊急

退院患者

フォロー外来

病棟

外来陪席

(院長外来)

病棟 病棟/緊急/週休
午後 緊急 病棟

院長回診

(急性期病棟)

病棟

病棟

スーパーバイズ

24W


抄読会  

抄読会

カンファレンス 

 

研修医

カンファレンス

135W


 ※週1回(1ヶ月に5回)程度の当直研修が入ります。
 ※土曜日は、月に1回大阪大学より講師を招いて脳波検討会を行います。