StudyGroup of YoshidaHospitalPsychiatry

●抄読会
①月曜=文献を決めて1冊をみんなで読み合わせ、意見を交えて深めていきます。1年目に読んだ本でも、2年後・3年後に読むことでさらに理解が深まります。
②水曜=担当を持ち回りで交代、それぞれの関心のある分野を全員で学びます。
●カンファレンス
①水曜=精神科医師全員が持ち回りで症例を提示します。研修医からベテラン医師まで、それぞれの症例の問題点や今後の方針についてを検討します。
②金曜=水曜のカンファレンスでは、研修医の順番が3ヶ月に1度(12名の精神科医師で順番に担当する)になるため、隔週で研修医カンファレンスを実施。3ヶ月に2回は症例を検討する機会があります。
③近畿地協精神科合同カンファレンス=近畿の民医連の精神科医師が集まり、それぞれの県から症例を持ち回りで担当する。年に3~4回開催し、普段と違う病院の治療文化の視点や考え方も学ぶことができる。